FXに勝てるおすすめ本

めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った『FX予備校』の感想&まとめ

FXに興味をもち、さて何から始めようか…と思った時に役に立った1冊が【めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った『FX予備校』】という本です。
>> 与沢翼さんもお勧めしています

図書館で借りてきて読んだのですが「今後も継続的に読みこみたい…」ということで購入した1冊です。

『FX予備校』はどんな本?


11人のFXのプロが1限〜10限にわたって基本から実際にトレードの仕方までを紹介しています。

まずは1限目。

FXとはなんだ?ということから始まります。

そして、2限目のデモトレのやり方に続き、チャートの見方、ファンダメンタルズ実践方法、レバレッジをはじめとするリスクの掛け方、お金を効率的に増やしていく方法などFXの枠組みをしっかりとつかむことができます。

また、FXの専門用語は別枠で説明がされていたり、図解やイラストがポイントで使われているので理解がすすみます。

『FX予備校』の感想は?


FXのプロの方が書いている本もよく読みますが、そういう本はFXの専門用語などの解説は理解しているのを前提に書かれていることが多いです。

そのため、FX初級の人が読むとその単語から調べる必要があり、なかなか本の内容に集中できない時もあります。

また、プロと呼ばれるぐらい自分の手法を確立したFXの手法があるのでどちらかというと偏った内容も垣間見れることも。

一方、この本では、客観的に、FXについての基本的なことをしっかりポイントを押さえて(まさにFXの予備校のようです。)説明しているのでベースの知識をしっかり叩き込むといった点ではとても参考になる1冊です。

この本は、

  • FXの基本を学びたい人
  • FXの枠組みを知りたい人
  • FXをはじめて間もない人

におすすめしたい本です。